FMゲンキは2018年1月4日(木)から仕事始めです。
もちろん、放送は年中無休でお届けしていましたが、12月30日~1月3日は生放送をお休みさせていただいておりました。

開局から何時頃までだったか忘れましたが、過去にはFMゲンキでもカウントダウ生放送をしたり、イーグレひめじのアトリウムやみゆき通りから公開生放送をしていました。

手元の資料では、こんな感じだったようです。

【2005年】

タイトル:年越し交差点 GENKIもって来い!
放送日時:2005年12月31日(土) 午後10時~翌午前1時
パーソナリティ:
スタジオ:岩見知香(夕方交差点 GENKIもって来い!水&木)
電博堂サテライトスタジオ:千葉恵美(GENKI暮らしの情報部 水&木)
中継リポーター(市内):浅田恵(ふれあいスタジオ79.3リポーター金)
中継リポーター(駅前):椎畑葵(ようこそGENKIへ!土曜日)
サテスタ特別ゲスト:はばタン(予定)

【2006年】

タイトル:「年越サプリ 一本いっとく~~??」
放送日時:2005年12月31日(土) 午後10時~翌午前1時
パーソナリティ:藤井涼と浅田恵

【2007年】

タイトル:『2008年もゲンキ!デ・ベストテン!』
放送日時:2007年12月31日(月)22:30~ 0:30
パーソナリティ:脇たまき

【2008年】

タイトル:「年越しカウントダウン番組」
放送日時:12月31日(水) 午後10時30分~ 翌午前0時30分頃まで
パーソナリティ:長佳秀、矢坂まり

【2009年】

この年はカウントダウンイベントがありません。
理由の一つは「お菓子の姫路城がイーグレひめじアトリウムに展示されたため、スペースがなくなった」です。
ちなみに生放送は1月1日~日中のみ特別番組として実施していました。

【2010年】

そして、2010年から年末年始をお休みさせていただくことになりました。

【2011年】

2011年は、1年ぶりにカウントダウン生放送が復活。
22:00~終了時間未定 つながるアワー 大晦日年越しカウントダウンスペシャルとして、コースケさんとカオリンさんをゲストに迎えて放送しました。

2012年~2017年末は、従来通りお休みさせていただいております。

 

では、「なぜ、年末年始を休むことにしたのか」。

理由はいくつかあります。

カウントダウンイベントについては、「イーグレひめじのイベントスペースが使用できなくなった(お菓子の姫路城)」「警備員等の費用負担が困難になった」ということが大きいと思います。とくに、お菓子の姫路城はかなりの期間、イーグレひめじで展示されていました。ご覧になられた方も多いと思いますが、かなりの大きさで、とてもカウントダウンイベントができる状況ではなくなってしまったのです。
また、警備費の問題については、イーグレひめじ内外をとわず相応の人数が必要で、しっかりとした計画がないと許可も出ない状態になりました。金銭的にもとても自社企画としては負担できない(スポンサーも残念ながらつかない)状態であり、断念するに至ったわけです。

年末年始の生放送については、従来は業務委託契約中心のスタッフが番組を制作していたため、契約として放送を行い、社員についても実質的な休日出勤として対応していました。私も放送側のスタッフなので、立ち合いとしてカウントダウンをやったあと、そのまま翌日から1月3日まで放送立ち合いのため出勤など、めちゃをしていました。

しかし、スタッフの確保が困難になる中、2010年春には時給制ディレクターの採用開始、以降業務委託契約者の減少と時給制ディレクターの採用拡大にともない、「勤務時間の適正化」「有給の消化」が重要さを増してきました。ようするに、めちゃくちゃできない(笑)ということです。

そこで、2010年以降は(2011年を除いて)年末年始をお休みさせていただき、一部対象者には有給休暇を計画取得させています(この結果、時給制ディレクターの有休消化率は100%で推移しています。正社員は・・・あはっ)。

もちろん、災害の発生などに備えて、休日においても役員の初動対応体制と社員の自宅勤務(簡単に言うと、市外に出ない、お酒を飲まない)を実施しています。

これにより、数年前のガソリンスタンドにおけるガソリン・灯油混入事案の際には、姫路市と連携して、即座に緊急割り込み放送(オールナイト)を実施し、元日からも啓発放送を連続実施しました。

このようにわずかではありますが、「放送業なのに放送業らしくない、働きやすい勤務体制」をめざして、市民の皆様にご迷惑をおかけしない範囲であれこれ実施しております。

来年度以降も、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

投稿者プロフィール

編成もわもわ
2004年8月入社。
当初営業企画課に配属されるもわずか3カ月でクビになり、放送総務部へ異動。
ちなみに、前職は写真屋さん。