「トイレ問題」

防災用品の備蓄といえば、どうしてもわかり易く、手に入れやすい「食べ物」から着手していくことが多いと思います。それはそれでよいのですが、避けて通れないのが「トイレ問題」です。

ご自宅の場合は、なんとかかんとかやり繰りができる(最悪、庭などを利用しつつ・・・)と思われますが、FMゲンキのようなビルに入居するテナントの場合は、自力で解決せざるをえません。

FMゲンキでは、テスト的に「携帯トイレ」を「男子・小」「女子・小」「共通・大」の3種類を備蓄しています。数量はまだまだ少ない為、年単位で備蓄を進めています。

ところが!!!

先日の棚卸時にスタッフから「このトイレ、何年間使えるんでしょうか?!」という質問が。

パッケージには、使用期限のようなものは見当たりません。ネットで検索しても、5年程度や3年程度など、様々な記述があります。FMゲンキが購入したもので一番古いのは、2012年購入分。そこで、「本当に固まるか」実験することにしました。

↓こんなやつです。100円均一のお店でも売っている場合があるようです。

image

↓パッケージを開けると、黒い袋がでてきました。これは、生々しい(汗。

image

↓そそぎ口(そそがれ口?)は、白いところです。この筒から、ナニを流し込みます。
お食事中の方、すみません。

image

↓さすがに、ホンモノをナニするのはナニなので、今回は「水」を汲んできました。
仕様上、500mlぐらいまで入るということでしたので、紙コップ2杯分です。
ナニであると想像しながら、注ぎます。

image

↓ジョロジョロジョロ・・・。打ち合わせテーブルで作業をしていた、竹辺パーソナリティとなかみーディレクターも、この音にドン引きです。仕方ありません。命を守るための実験です。ジョロジョロ・・・

image

↓2杯目です。ジョロジョロ・・・。だいぶ袋も膨らんできています。

image

↓500ml分の重量感・・・。そして、あきらかにゼリー状になっている感覚。

image

↓ざーん。すべて流し込みました。そして、しっかりゼリー状になっています。
写真にはありませんが、ひっくり返しても、「黒い袋に入ったナニ」に関しては、逆流してきません。

image

↓用事がおわったら、付属の青い袋にほりこみ、縛ります。

image

↓これでOK。

image

2012年購入分の3年を経過したものでも、十分に固まりました。

そっか!毎年古いものを1個ずつピックアップして試せばいいんだ!!(笑)
新しい管理手法を編み出したFMゲンキ防災チームでした。

Follow me!